りゅうおう10

あらすじ

竜王、遂に小学校の教壇に立つ!

「澪たち、くじゅるー先生に鍛えてもらいたいんです!」

 小学生の将棋大会『なにわ王将戦』で優勝を目指すJS研。

 しかしあいの新しい担任にJSとの同居を問題視された八一は、自ら

の潔白を証明するため小学校で将棋の授業を受け持つことに。

 一方、女流名跡リーグ進出を目指すあいの前には謎の女流棋士が立ち

はだかり、そして銀子は地獄の三段リーグで孤独な戦いを始めようとし

ていた――。

 それぞれの戦場で繰り広げられる魂の激突。決意と別離の第10巻!

 小さな背中に翼が生えたとき、天使は自らの力で羽搏き始める!!


感想

JS研の戦い、たびたび話題に上がるがいつも胸が張り裂けそうになる三段の話。

学年が上がり、女教師が登場したがやつはいただけなかった。親公認の関係にづかづかと入ってきて「私が認めないとあいに指導させない」という無関係な人間が他人の不倫にグチグチいうキチガイみたいなやつがやってきた(本人たちの好きにやらせろ。外野が騒ぐな)

開幕イラっとした場面に出くわしたがその後はこの比ではなかった。

姉弟子以前よりプロに届く寸前の三段リーグで戦い敗れた女の話。

彼女は兄弟子と共にプロ棋士の夢をついえたが、幸いにも女性であることで女流棋士に転向することができた(男と戦ってきたため女の中ではめちゃ強い)

彼女は自分だけプロになり無職となった兄弟子に罪悪感をもっており、私自身も兄弟子かわいそうにと思ったがこれは勘違いである。

彼が才能という目に見えないものを排除した中でどれだけ努力してきたかわからない。だが、将棋星人といえるような人間だったなら他人の世話をしている暇があったか?本当に強くなりたいと願うなら、他人に対して気遣いをもつような暇はない。彼は全力で打ち込んでるようで全然なってなかったんだなと思うと同時に普通の世界に戻れたことを嬉しく思う(あの世界に居続けても彼は壊れてしまうだろうから)

だからこそ彼女、岳滅鬼翼さんは兄弟子を見捨てたなんて思ってほしくなかったし新たなステージで羽ばたいてほしい。最終的に救われたので満足した。

私がなぜここまでモブのような彼女に対して熱烈に肩入れするのか疑問に思った人もいるだろう。残念ながらイラスト化した彼女は可愛いとは程遠い、もこっちみたいなやばい女だった。

そんな中イ、ラストでもエピソードでもない彼女の二つ名のような肩書的なものに興奮したのだ。


「不滅の翼」

なんど壊されようとも、木っ端みじんにされようとも終わらない。まるでフェニックスを想起させられるようなこの文字は私の中で革命がおこるほど気に入った。ただそれだけである。

こんな重苦しい話が続く10巻だが安心してほしい。砂漠にもオアシスがあるように、10巻にも天ちゃんが登場する。

前巻で自分の気持ちに気付いた彼女であったが、ここから積極的にあいみたく八一にアプローチするのか?

そんなわけはない。

むしろ好きな男ができた天ちゃんは周りを気にせず我を貫く孤高のお嬢様からは打って変わって、八一のことが気になりすぎてポンコツ化してしまった。

見栄えを気にし、八一が気に入ってくれるか不安になり何度も確認し、挙句の果てに自信を失い会いたくないと駄々をこねる。

このいじらしくも尊い天ちゃんを見るために買ったんです10巻を。

残念ながらメインではなかったため数ページで終わったが、確かに八一を興奮させた(対局室に持ち込んでスーハ―したいと言わしめた)天ちゃんの頑張りには盛大な拍手を送りたい。

もう一つのメインである友情をテーマに描いたJS研の死闘。水越澪の羽織袴姿に声を上げて感嘆したと言っておこう。あれは良いものだった。JS研に関してはそれ以上でもそれ以下でもない。

いつの間にか完全無欠の天才と称されていた雛鶴のあいちゃんが序盤知らないから終盤強くても勝てるくね見たいな感じでぼこられてるがどうしてこうなった?

そんな壁にぶつかってたあいちゃんは覚醒した。同時に八一が何を生み出そうとしていたのかもわかってきた。

八一はあいに簡単には身に付けられない終盤力をあい本人が知らない間に鍛えさせていた。本来なら序盤を教えたら簡単に蹴散らせるような相手もわざとそうせず、ステップアップの踏み台として利用するために。自信を喪失しない程度にコントロールしてピンチに追い込み、サイヤ人を想起させるように戦うたびにピンチに陥り強くなっていった。

その爆発の片鱗が垣間見えて、誰も到達できない3次元の空間を操るとかいう域にたどり着いてしまった。

八一は男女を超えて一人の最強の棋士を生み出そうとしているんだなと感じられた。自分を超えるような誰も見たことがない最強の棋士を。

触れようか触れまいか迷ったが触れる。

みんな大好き銀子ちゃんがついに壊れてしまった。

前巻はまだ不安でいっぱいのようなかろうじて器に入ってる状態だったが、ついに溢れてしまった。

今まで何度も鈍感主人公に対して腹を立てていたが今回ばかりは今すぐにでも八一は銀子と籍を入れてくれと思ってしまう(まだ結婚できる歳じゃなかったわ)

もうただの肉体的な触れ合いだけじゃ彼女はもたない。今巻もしっかり八一と手を繋いでぬくもりを感じていた銀子だが今の溢れた段階に来てしまったら心と心を通じ合わせるような深い関係を構築しないといけない。

取り返しがつかないことになる前になんとかして白鳥士郎。

 

ひまわりのような笑顔のJS研より

だって……将棋で繋がってるから!